企業情報

沖縄食糧株式会社

住所 〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-4-1
TEL 098-878-6372
業種
  • 卸売業・小売業 卸売業・小売業
  • 製造業 製造業
業務内容 米穀の精米製造および卸売
ほか 
  • チェックリストに追加

ほっとあんしんふっくら笑顔

更新日:2015/03/06

こんな仕事をしています

昭和25年創立。県内で消費するお米の約半分を扱っている会社です。
お米を通して県民の健康に貢献できるよう積極的な商品開発、研究
に取組んでいます。

会社のココが自慢

目指している姿

会社概要 更新日:2018/07/30

企業名 沖縄食糧株式会社
企業名フリガナ オキナワショクリョウカブシキカイシャ
本社所在地 〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客4-4-1 本社従業員数 108名
エリア [浦添市] 設立年月 1950年07月
代表者 代表取締役社長 中村 徹  資本金 220百万円 
会社沿革 昭和25年 7月 沖縄県の食糧配給業務の指定業者として那覇市泉崎に沖縄食糧株式会社を設立。(米軍政府下の食糧配給機構が民営の卸小売業者に移管された。)

昭和30年 6月 現在地、浦添市勢理客に保管倉庫、精米工場、本社屋等を完成移転。

昭和44年 8月 月産処理能力600トンの脱脂糠工場を設置、脱脂糠は飼料として県内で消費、米糠原油は本土へ移出する。

昭和50年 4月 日産3万食の炊飯センターを設置し炊飯事業に着手。

昭和54年12月 研磨精米機「クリーンライト」を導入。(『糠をより取り除き、いかに美味しいお米を消費者の皆様へお届けするか』を目的に導入。)

昭和55年 5月 自社ブランド「クリーンライスでいご」(研磨精米)を発売。

平成 4年11月 研究室を設置し玄米、製品の品質管理を強化。

平成 6年11月 「でいご印」をシンボルマークとする。

平成 9年11月 自社ブランド「美味づくり」シリーズを発売。

平成12年 7月 創立50周年。(弊社50周年記念事業として編纂された『沖縄食糧五十年史』が第21回沖縄タイムス出版文化賞において《特別賞》を受賞した。)

平成12年11月 ネオテイスティーホワイトプロセス(新無洗米製法)を精米機メーカー(株)サタケと共同開発し導入。(『通常のお米と比較して、うまみ・白さと光沢感・洗米経済性のアップ、美味しさが長持ち』のメリットを目的に導入。)

平成12年11月 自社ブランド、テイスティーホワイト「守礼」(新無洗米製法)を発売。

平成14年 4月 (社)日本精米工業会が主催する米穀検査上級技術者に弊社研究員が国内第1号として認定された。

平成15年 4月 (社)日本精米工業会が主催する米穀検査上級技術者に弊社研究員が全国から女性初、最年少で認定された。

平成15年 6月 (社)日本精米工業会の「精米工場品質システム」(JRQS:2000)を全国150を超える精米工場の中で7番目、九州で初の認定工場となる。

平成15年11月 機能性精米製造技術の開発。(『米に機能性素材を被膜加工する技術』を(社)日本精米工業会と共同開発。)
研究経緯: 平成11年度 食糧庁委託事業「米成分の高度加工・利用技術開発事業」

平成12年度 沖縄県委託事業「新規製品化研究開発コーディネート事業」

平成15年11月 保健機能食品(栄養機能食品)「カルライナス(鉄分・ビタミンe)」を発売。

平成16年11月 高速袋詰パッカー、高速製品取りロボットを導入。(『鮮度の高いまま、いかに早く消費者へお届けするか』を目的に導入、加えて2号倉庫e・fセクションの低温化)

平成17年 3月 新加工無洗米(高機能性米)の製造技術の開発。(『精米や米糠などの副産物を利用して、米本来が保持していた機能性成分を米に戻し、高付加価値化を図ること』を目的に開発。)
研究経緯: 平成16年度 農林水産省委託事業「米加工品新技術研究開発事業」

平成17年 5月 DNA品種判定装置を導入。(『安心・安全な商品を、いかに消費者へお届けするか』を目的に導入。)

平成17年 7月 (社)日本精米工業会が主催する「米飯選抜パネリスト」(お米のソムリエ)に弊社研究員が認定された。

平成17年 7月 (社)日本精米工業会が主催する「米飯官能試験監督者」に弊社研究員2名が認定された。

平成17年11月 ミルマスター( コンタミ対応型精米機 )と最新の昇降機設備を導入。( 『エアーにより精米機と昇降整備の残留米を除去して異なる品種の混入を防ぐ』ことを目的に導入。)

平成18年 6月 (社)日本精米工業会が主催する「精米工場検査技術士」(上級コース)に弊社研究員2名が認定された。
(現在、全国13人の有資格者中4名は弊社にいる。)

平成18年 7月 精米メーカーとして品質管理の徹底した工場運営が評価され、(社)日本精米工業会から全国初の「顕彰状」を特別授与された。

平成19年 3月 (社)日本炊飯協会が認定する「ごはんソムリエ」に弊社研究員と沖食商事スイハン事業部栄養士の計2名が県内で初めて合格。

平成19年12月 日本雑穀協会が認定する「雑穀アドバイザー」に、弊社営業員が県内で初めて合格。

平成21年 1月 食料自給率の向上を目指して、農林水産省と民間企業等が主体となって推進する「FOOD ACTION NIPPO」の推進パートナーに登録。

平成21年12月 食品工場型の精米工場として「安心、安全」というプレミアムを食卓へ。
精米工場リニューアル「食品工場型精米工場」竣工。

平成23年10月 最新鋭のBG無洗米装置導入

平成24年4月 「放射性物質自主検査体制」を構築。γ線スペクトロメータなどを使用し原料玄米自主検査体制手順に従って運用を開始。

平成25年2月 石垣市浜崎町に「沖縄食糧八重山倉庫」兼、南西沖食八重山支店事務所を落成。

平成25年12月 健康長寿復活を掲げ新商品を開発。「金芽米 守礼」発売開始。

平成26年11月 テイスティーホワイト守礼をリニューアルし、「愛を米守礼」発売開始。

平成27年4月 こだわりブレンド米「金芽米美味づくり」発売開始。

平成28年4月 モンドセレクション2016に「ゆめぴりか」「金芽米美味づくり」 「金芽米守礼」が金賞「愛を米守礼」が銀賞に選ばれる。

平成28年11月 食品衛生管理の国際基準「精米HACCP」国内初取得
 
業種
  • 卸売業・小売業 卸売業・小売業
  • 製造業 製造業
事業内容 米穀の精米製造および卸売
ほか 
TEL 098-878-6372 
ホームページ http://www.okishoku.co.jp/