企業情報

株式会社レイメイコンピュータ

ロゴ ロゴ

住所 〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2丁目3番6号 那覇市IT創造館 302号
TEL 098-941-5515
業種
    情報通信業 情報通信業 
業務内容 小売業で生き残るには、刻々と変わっていく顧客の志向やニーズをいち早く見抜き、品ぞろえやサービスで差別化を図り、リピート(再来店)させる戦略が求められます。
その為には、購買データを高度に分析し、効果的な戦略データを提供するPOSシステムが必要です。しかし、顧客データの取得やサービス向上を図るには、割引や特典付与、支払い形態などの様々な機能が付加され、レジ担当の負担が大きくなります。
当社は創業以来、POSレジスターのソフトウェアメーカーとして、経営側と現場の両面を劇的に改善、発展させるPOSシステムを追求してきました。また、商品開発から導入、保守サービスを一貫して行うことで、常に時代の変化やユーザニーズ応える商品づくりを行っています。
その高い技術力と実績が認められ、流通システム大賞を初め、ビジネスオンリーワン賞、中小企業センター賞などメジャーな賞を受賞しました。
これからも、業界フロントランナーとして、熾烈な商戦を勝ち抜く最強のツールを提供していきます。 
  • チェックリストに追加

魅せます!コンピュータの力。

更新日:2010/02/25

こんな仕事をしています

小売店、飲食店向けのPOSシステムを主力商品に、中小企業向けのソフトウェア開発/販売/保守サービスまでをトータル的にサポートしております。
※システムを活用して頂くお客様と直接接することができるので、とてもやりがいのある内容です。

・POSシステム
・ICカードシステム
・電子マネー:Edy(エディ)特約店 他

会社のココが自慢

創業以来POSシステムに特化し、独自のソフトラインナップ(レジ処理、発注仕入、在庫棚卸、顧客管理など)をコアにお客さまの業種・業態に合わせフレキシブルに対応してきました。その蓄積は、システムの提案から構築、導入作業、保守サービスまで質の高いトータルソリューション力として大きな差別化となっています。

目指している姿

仕事も家族も
自分を高めるための手段。
自分が生きる目的を持て!
By 比嘉 徹

会社沿革

1991年 3月 レイメイコンピュータ設立
1997年10月 第7回流通システム大賞の「奨励賞」を受賞
1999年 2月 著書「沖縄のオンリーワン企業」で紹介される。
1999年 7月 主要20ヵ国の外貨で取引できる「国際サミット対応POS」をリリース
2000年 2月 第1回ビジネスオンリーワン賞受賞
2001年 4月 世界最小・最軽量POS「ポケットPOS」をリリース
2001年12月 韓国マイビ社とICカードシステムで業務提携
2002年 1月 第36回中小企業センター賞の「技術開発奨励賞」を受賞
2003年 3月 那覇市IT創造館で県内初のビル内ICカード化(セキュリティー・電子マネー)を実現
2004年 1月 電子マネー(Edy)対応のPOSシステムをリリース(市販機としては国内初)
2004年 6月 沖縄県よりICカード事業の実績、将来性を評価され第1回事業化可能性評価企業に認定される
2005年 6月 レイメイコンピュータ・琉球大学の産学官共同プロジェクト採択
2005年11月 沖縄県産学官共同研究推進事業の実証実験開始(17社339店舗が参加)
2006年 9月 POS情報をもとにお客様に最適情報を自動案内する「めんそ~Re」をリリース
2006年10月 沖縄初の2足歩行ロボットを製作発表
2007年10月 マイバックの使用回数を自動カウントする「エコカウントシステム」をリリース
2008年 7月 1台で複数の精算を同時に行える高速レジシステム「ストリーム」をリリース
2008年11月 飲食店向け低価格・高性能オーダーエントリーシステム「ビッグバンエスキュート」をリリース
2011年10月 銀聯カード対応POSシステム「ビッグバンPOS謝謝(シェーシェー)」をリリース
2014年10月 免税店向けPOSシステム及びパスポートリーダーシステムをリリース
2016年 7月 インバウンド向けスマホ決済「アリペイ」代行店開始
2016年11月 沖縄県より【 ワーク・ライフ・バランス企業 】として認証
2017年11月 酒税免税制度に対応したPOSレジを開発
2018年 9月 『電子レシートによる沖縄主婦の生活利便性向上プロジェクト』へ参画

会社概要 更新日:2018/10/22

企業名 株式会社レイメイコンピュータ
企業名フリガナ カブシキガイシャ レイメイコンピュータ
本社所在地 〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅2丁目3番6号 那覇市IT創造館 302号 本社従業員数 19名
エリア [那覇市] 設立年月 1991年03月
代表者 代表取締役 比嘉 徹  資本金 15百万円 
会社沿革 1991年 3月 レイメイコンピュータ設立
1997年10月 第7回流通システム大賞の「奨励賞」を受賞
1999年 2月 著書「沖縄のオンリーワン企業」で紹介される。
1999年 7月 主要20ヵ国の外貨で取引できる「国際サミット対応POS」をリリース
2000年 2月 第1回ビジネスオンリーワン賞受賞
2001年 4月 世界最小・最軽量POS「ポケットPOS」をリリース
2001年12月 韓国マイビ社とICカードシステムで業務提携
2002年 1月 第36回中小企業センター賞の「技術開発奨励賞」を受賞
2003年 3月 那覇市IT創造館で県内初のビル内ICカード化(セキュリティー・電子マネー)を実現
2004年 1月 電子マネー(Edy)対応のPOSシステムをリリース(市販機としては国内初)
2004年 6月 沖縄県よりICカード事業の実績、将来性を評価され第1回事業化可能性評価企業に認定される
2005年 6月 レイメイコンピュータ・琉球大学の産学官共同プロジェクト採択
2005年11月 沖縄県産学官共同研究推進事業の実証実験開始(17社339店舗が参加)
2006年 9月 POS情報をもとにお客様に最適情報を自動案内する「めんそ~Re」をリリース
2006年10月 沖縄初の2足歩行ロボットを製作発表
2007年10月 マイバックの使用回数を自動カウントする「エコカウントシステム」をリリース
2008年 7月 1台で複数の精算を同時に行える高速レジシステム「ストリーム」をリリース
2008年11月 飲食店向け低価格・高性能オーダーエントリーシステム「ビッグバンエスキュート」をリリース
2011年10月 銀聯カード対応POSシステム「ビッグバンPOS謝謝(シェーシェー)」をリリース
2014年10月 免税店向けPOSシステム及びパスポートリーダーシステムをリリース
2016年 7月 インバウンド向けスマホ決済「アリペイ」代行店開始
2016年11月 沖縄県より【 ワーク・ライフ・バランス企業 】として認証
2017年11月 酒税免税制度に対応したPOSレジを開発
2018年 9月 『電子レシートによる沖縄主婦の生活利便性向上プロジェクト』へ参画 
業種
  • 情報通信業 情報通信業
事業内容 小売業で生き残るには、刻々と変わっていく顧客の志向やニーズをいち早く見抜き、品ぞろえやサービスで差別化を図り、リピート(再来店)させる戦略が求められます。
その為には、購買データを高度に分析し、効果的な戦略データを提供するPOSシステムが必要です。しかし、顧客データの取得やサービス向上を図るには、割引や特典付与、支払い形態などの様々な機能が付加され、レジ担当の負担が大きくなります。
当社は創業以来、POSレジスターのソフトウェアメーカーとして、経営側と現場の両面を劇的に改善、発展させるPOSシステムを追求してきました。また、商品開発から導入、保守サービスを一貫して行うことで、常に時代の変化やユーザニーズ応える商品づくりを行っています。
その高い技術力と実績が認められ、流通システム大賞を初め、ビジネスオンリーワン賞、中小企業センター賞などメジャーな賞を受賞しました。
これからも、業界フロントランナーとして、熾烈な商戦を勝ち抜く最強のツールを提供していきます。 
TEL 098-941-5515 
ホームページ http://www.reimei.co.jp/  
SNS https://www.facebook.com/reimei.computer/

その他

お気軽にお問合せください。^^